Coding Memorandum

プログラミングに関する備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公証

幸運なことにTopCoderで賞金を頂くことができました。しかも$650も!
チーム戦のMarathon Matchということで,チーム分けに恵まれたのがラッキーでした。

そんなわけで受取の必要書類を揃えるため,Affidavit(宣誓供述書)の公証を受けにアメリカ大使館に行ってきました。この辺のところをメモしておきます。

・アメリカ大使館で公証を受けるためには予約が必要となります。アメリカ大使館のページから行います。私が行ったときには3日後以降しか空いていませんでした。わりと混んでいるようです。
・大使館では敷地入り口にセキュリティチェックの部屋があります。部屋の前に警察官がいて,公証だと告げると予約表のチェックを受けました。
・アメリカ大使館では,アメリカ市民サービス(公証はこっち)とVISAのサービスが行われていて,並ぶ列や入り口が分かれるような形になっていました。混んでいるときは,案内板に注意した方が良さそうです。(VISAの方は混むことがあるそうです)
・セキュリティチェックでは,携帯・その他電子機器を預けます。
・中庭を進んで大使館の入り口を入ると,案内の方がいて窓口を教えてくれます。
・20分程待って,窓口に呼ばれました。パスポートとAffidavitを提出すると,会計用紙をもらうので会計窓口で$30払います。領収書をもらうので,それを窓口へ置いておきます。
・しばらく待つと,公証人(?)から呼ばれます。窓口越しに,右手を上げて宣誓しサインをします。向こうもサインをしてエンボスの判が押されて返されます。以上で完了です。

このAffidavitとW-8BEN(免税書類)をTopCoderへ郵送すれば良いようです。ちなみに,航空便で¥110でした。

コメント

おめでとうございます! 僕も自身の賞金は無いくせに紹介した人が賞金もらったら1割もらえるシステムとかで何故か微妙にもらえるので、まとめてくださった記述を参考にして受け取ってみますかね…

  • 2010/02/06(土) 13:56:19 |
  • URL |
  • shinh #-
  • [ 編集 ]

TopCoder登録時に紹介者を登録した覚えがなく,もったいないことをした!と少し焦りましたが・・・さきほど調べたところ,今はもうやってない(TopCoder Studioのみ)ということでした。
制度が残っていたらshinhさんを登録していたと思うのですが残念です・・・

  • 2010/02/09(火) 00:58:09 |
  • URL |
  • msiro #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://msirocoder.blog35.fc2.com/tb.php/46-4c617c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。