Coding Memorandum

プログラミングに関する備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

next_permutation

STL の next_permutation/prev_permutation は使うことがないだろうなぁと流していたのですが,前回のSRM 440の DIV2 1000点問題では,これを使えと言わんばかりの問題が出されました。

next_permutation()は呼ぶたびに次のような並べ替えを実行してくれます。

a,b,c → a,c,b → b,a,c → b,c,a → c,a,b → c,b,a

その名の示す通り,コンテナ要素の順列を得たいときに使えます。全てのケースを得るためには,最初にソートが必要となります。ちなみに,SRMではvector<string>の順列が必要でした。

Coding Wiki にも追記しました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://msirocoder.blog35.fc2.com/tb.php/18-8cf0c13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。