Coding Memorandum

プログラミングに関する備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lifecam HD-5000

OpenCVを弄ってみようと思い,カメラ+キャプチャの簡易な環境としてWebカメラを物色していたところ,Microsoftから安価なHD対応のWebカメラLifeCam HD-5000が発売されたので購入してみました。

1280x720 30fpsでのキャプチャが申し分なく動作し,画質はハンディカム等のカメラと比べると若干解像感が足りないように見えますが,(安価な)Webカメラとしては十分に綺麗だと思います。

いくつかの記事・ブログで書かれていた通り,オートフォーカスの調整が頻繁に入ります。画像認識用に使う際には,何か影響を受けないか若干不安に思うところです。

HD-5000について,DirectShowのキャプチャデバイスとしてのCapabilityを調べたのでメモしておきます。(購入前にこの情報が欲しかったのですが,残念ながら見つかりませんでした。)

MediaType

MajorType : MEDIATYPE_Video
SubType : MEDIASUBTYPE_RGB24, MEDIASUBTYPE_I420
FormatType : FORMAT_VideoInfo, FORMAT_VideoInfo2

FormatTypeは,各フレーム画像サイズについてFORMAT_VideoInfoとFORMAT_VideoInfo2の2つが指定可能となっています。

VIDEO_STREAM_CONFIG_CAPS

[MEDIASUBTYPE_RGB24]

Size ※1 :
640x480, 640x360, 424x240, 352x288, 320x240, 176x144, 160x120,
1280x720, 960x544, 800x448, 800x600
MinFrameInterval : 333333 (30fps)
MaxFrameInterval : 666666 (15fps)
---------------------------------------------------------------

[MEDIASUBTYPE_I420]

Size ※1 : 352x288, 320x240, 176x144, 160x120, 640x480
MinFrameInterval : 333333 (30fps)
MaxFrameInterval : 666666 (15fps)

※1 MinCroppingSize, MaxCroppingSize, MinOutputSize, MaxOutputSizeともに同じ値である


LifeCam HD-5000 その2を書きました。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。